岐阜 愛知 全国 スピリチュアルカウンセリング 心理カウンセリング 霊感占い

ヒプノセラピーとは

  • HOME »
  • ヒプノセラピーとは

ヒプノセラピーは催眠療法とも言われています。

セラピストの誘導により催眠状態を作り出し、催眠状態に入ることで顕在意識(普段意識できる表面の意識)と潜在意識(無意識)の境界線を緩ませていきます。

潜在意識は記憶の大きな貯蔵庫であり、生まれてから今までに得た情報はもちろん、胎児のとき、中間世、前世などの情報もすべて有しています。

顕在意識として表面化したお悩みの真の原因は、この潜在意識下にあると言われています。

セラピー中に原因を見つけ、自己と対話して悩みを生きやすい思いに変えていき、手放すことで真の解放が起きていきます。

 

顕在意識と潜在意識

人の意識全体を100%とすると、顕在意識と潜在意識はそれぞれどのくらいの割合を占めているのでしょうか?

普段考えたり、感じたり、善悪を判断したり、はっきり本人で認識している意識、つまり顕在意識はほんの1割程度にすぎません。

海に先端だけ見えている氷山をイメージするとわかりやすいと思います。

潜在意識はなんと9割を占めています。

この通り、潜在意識が人間の意識全体の圧倒的指数を占めているので、顕在意識で願い事があるとしても、潜在意識下にある思い込みを解決しない限り願いを叶えることが困難なのです。

潜在意識を解放することで、自分が望む真の人生が始まっていきます。

 

ヒプノセラピー中の感覚

顕在意識、つまり表面意識がある状態で、潜在意識とのフィルターがゆるむ状態になります。

なので催眠中は記憶をなくすという事はありませんのでご安心ください。

見えたもの、感じたものが本当かどうかはあまり重要ではありません。

感じたことはいわば潜在意識の中で大切にしてきたこと、解放のキーワードでもあるからです。

潜在意識下にある情報の中で何が大切かを知ることで今の自分を深く知ることが出来るのです。

 

ヒプノセラピーの種類

事前カウンセリングをもとに解決すべき問題を見つけ、セッションの方向性を決めてまいります。

前世退行(前世療法)

深い潜在意識の中に、悩み事や不調の原因を前世記憶に遡って見つけて行く療法です。
アメリカの精神医学博士、ブライアン・L・ワイス博士によって非常に有名になりました。

年齢退行/幼児退行(インナーチャイルド)

インナーチャイルドとは「内なるこども」

幼少期まで年齢をさかのぼり、傷ついた体験を見つめる事、幼少期の自分の声を聴くことで、今の自分も解放されていきます。

胎内退行

赤ちゃんは母親のお腹にいるとき、お母さんの葛藤や不安、期待などすべてを感じ取っているといわれています。

純粋で未熟な赤ちゃんは、お母さんの不安は自分のせいと思い込み否定的な感覚を形成してしまうのです。これがバーストラウマと言われています。

胎児の自分へ真実を伝えていくことで無条件の愛を知っていきます。

未来順行

時間は過去→現在→未来へと流れていると認識されていますが、未来も過去も現在もすべて同時並行で魂の選択や答えはすでに用意されているのかもしれません。

最善の未来を思い出し、今後の生きる指針にする療法です。

ハイヤー・セルフ

ハイヤー・セルフとは大いなる自己とも言われています。

ハイヤー・セルフに出逢う事により、通常の自分のレベルを超えた理解力、洞察力が向上します。

サブ・パーソナリティー

心の中に、誰もが様々な性格、癖を持っています。

怒りっぽい、怖がり、寂しがり、自信がないなど、受け入けいれがたい自分の声を聴くことによって深い自己理解が可能になります。

料金

初回ご相談は3時間程度お時間をいただきます。
2回目以降は約2時間程度

セッション 1回 13,000円

お気軽にお問い合せください TEL 080 - 6491- 8754 AM10:00~PM19:30(お問い合わせ受付はPM21時まで)

PAGETOP